MENU

我が家のおせちは手作りだけど自由なおせち

おせちはきちんと伝統やしきたりにのっとったやり方だと手作りするのはたいへんそうです。そういうことからホテルや百貨店のおせちを注文したり通販のおせちも流行っていると思います。しかし我が家のおせちは手作りにしています。

 

手作りといっても決して堅苦しいおせちではなく気軽に自由に作るようにしています。かまぼこやかずのこ、こぶ巻きなどおめでたい、いわれのものなどありますが必ず入れないといけないものとは決めてなく、毎年、いつも思いつき、気まぐれで選んでいます。

 

手作りといっておきながら、出来合いのものを入れたりもしています。たまご焼きをいれてみたり、ウインナーやハムなど自分達が食べたいものを好きなように作っています。

 

何品かだけおせちらしい品があればそれで我が家は満足しています。少し自由すぎて、運動会のお弁当のお重箱のようなときもありますが、それも気にしないでやっています。しきたりにこだわりすぎて人気のないものが残ったりしないのでいつもすぐに売り切れてしまいます。

 

 

こんな風に、肩肘張らずに自由に楽しみながらおせちの準備をするというのも悪くありませんね。おせちというのは日本の伝統的なものですから、そのしきたりに従う。というのもひとつの方法ではありますが、一番大切なのは、みんながハッピーにお正月を迎えられるということ。

 

なので、全て完璧にこなすという考えに縛られずに、自由にフレキシブルにおせちを準備して、いただく、というのも有りではないかと私も思います。

 

このページの先頭へ